介護の負担を軽くするための
方法を試しています

【長岡京市で補聴器でお悩みの方におすすめ】介護の方にも無料でお試しOK!!

 耳が遠くなってしまって会話するのにも大きな声で話さないといけない。テレビの大音量も迷惑です。介護の負担は大きくなるばかり。

 補聴器を買っても小さい耳に差し込むタイプは紛失するし、耳掛け式は聞こえ方が悪いと文句ばかり。お年寄りに合う補聴器選びは大変なもの。補聴器はかなり高価なので最初にいろいろ試しておくことをおすすめします

 介護のイライラが少しでもなくなる方法を探していた時に見つけた、無料で試せるタイプがあります。長岡京市で補聴器が必要で迷っている方や聞こえのよいタイプを探している方に役立つ情報をまとめました。

補聴器は介護保険も医療費控除も対象外

 補聴器は、一般的には5万円から10万円程度の価格で販売されています。高齢者の方なら、ほとんどの方が感じる耳が遠くなる現象には、補聴器しか対応する方法がありません。

 耳が遠くなってしまうと薬での治療もできず、特別な治療法が確立されているわけでもありませんので、残念ながら集音機能のついた機器である補聴器やそれに類する商品しか方法がないわけです。

 そんな補聴器ですが、いろいろ調べてみても医療費として認められないので医療費控除も受けられず、介護保険も適用外になっているため、負担がかなり大きく感じてしまいます。

 補聴器は、「治療」に直結していないので、医療費としては認められていないそうで、残念ながら今後もこの方針は変わることがなさそうです。

長岡京市で補聴器の補助金があれば

 長岡京市の自治体で独自に補助金があればいいのですが、一部の自治体を除いては特別こうした補助金や助成の制度はありません。

 もし、長岡京市で助成があるかどうか知りたい方は、長岡京市の公式サイトで調べてみると良いと思います。

 残念ながら、ほとんどの自治体では次の項目の障がい者手帳をもっている方以外には特にに補助金の制度がないのが現状です。

難聴と診断され障害者手帳がある方には補助金

 障害者総合支援法という法律により、聴覚障害の方の補聴器に対しては購入費用の補助があります。

 この場合は、市役所の窓口で申請用の用紙をもらってから指定病院で診察を受けた後、「身体障碍者手帳」の交付を受ける必要があります。聴覚障害の等級も判定されるので必要に応じて補聴器などの補助具の購入費用が助成される仕組みになっています。

 残念ながら普通の健康保険や介護保険では、補聴器に対しての補助金や助成はありませんので、もし難聴で困っている方は、一度長岡京市役所に相談してみることをおすすめします。

耳かけタイプや耳栓タイプはダメでした

 ウチの場合は、祖母が軽い認知症ということもあり、耳も遠くなっているので、すぐに補聴器選びを始めました。

 まずは介護グッズのお店で、こういうタイプがありますと実物を見せてもらって店頭で試してみましたがイマイチしっくりするものがなく、ネットで評判の集音器も口コミをみながら試してみました。

 「補聴器」と「集音器」については、補聴器は医療機器にあたるため厳しい規制や基準をクリアする必要があり、値段の高い補聴器は難聴の方にも使える医療機器に該当するそうです。「集音器」として販売されているものは、会話や生活を快適にするための道具なので、値段も安いものが販売されています。

 ネット通販でなかなか良いと評判だった耳掛けタイプの集音器をまず選びました。ウチの祖母の場合は、会話に少し不自由する耳が遠い状態だったので、これぐらいでいいだろうという考えだったのと、まずは安いもので試してからの方がいいのではということもあり、安いものを購入しました。

 2000円~15000円ぐらいまで幅が広いのですが、耳掛けタイプや耳栓タイプの集音器がでています。

こういったタイプのモノです↓

 Amazonや楽天では、こうした集音器がならんでいますので、口コミを見ながら選ぶと良いと思います。最初からいきなり高価なタイプを選んで合わないモノだったら、返品ができませんので、補聴器選びは慎重に。

 ウチの祖母の場合もそうなのですが、認知症で通っている病院の待合室で話した限り、多くのご家族の方が補聴器の合う合わないで悩むそうです。耳で普通に聞く聞こえ方よりも、集音器や補聴器での聞こえ方はまるで違うそうで、拡声器で耳元で怒鳴られている感じがする、聞こえ方が不自然で気持ち悪いなどのいわゆる違和感を感じる方が多いようです。

 ウチの祖母は耳かけタイプと耳栓タイプを試しましたが、耳栓タイプは聞こえ方が嫌なのですぐに外してしまい、さらに外出した際には紛失してしまいました。耳かけタイプは、外に出かける時に使う際にはよかったらしいのですが、それでも長い時間つけていると耳の後ろが痛くなるといっていましたので、装着時の不具合も考えておく必要があります。

 あとは骨伝導タイプもいいと聞いて気にはなっていたのですが、病院の待合室で知り合った方の話では、聞こえ方が気持ち悪いという意見もあり、ウチの祖母には購入しませんでした。ただし、Bluetoothの音楽を聴くイヤホンで骨伝導タイプのヘッドホンを使っていますが、違和感もなくとてもいい音で聞こえていますので、高齢者でも聞こえ方の違和感の個人差があると思います。こういう違和感がある点が補聴器選びの難しいところでもあります。

 いきなり補聴器を買うのはちょっと、Amazonや楽天の安いものはイマイチ信用できないとお感じの方に、長岡京市でも無料でお試しできるタイプの集音器があります。

無料でお試しできるのがコレ

 介護のイライラを解消する便利な道具を探していた時に見つけたのが、こちら↓

 補聴器ではなく、集音器ですがネットでの評判や口コミはかなり良いです。据え置きタイプと持ち運びできるモバイルタイプがありますが、テレビの前にいることが多いウチの祖母にはかなり便利なもの。

 据え置きタイプだと邪魔になりそうと最初は思いましたが、動く範囲が限られているウチの祖母の場合には、テレビや食卓周辺だけ聞こえ方が良いだけで十分なので、このタイプが大変便利です。

 無料で10日間お試しできますので、長岡京市で補聴器が必要だけど迷っている方には、コレを使ってみることをおすすめします。

 使ってみると分かるのですが、「みみ太郎」は聞こえ方のバランスが良いです。自然な聞こえ方に近いので、テレビや人の話声が違和感なく聞こえます。ウチの祖母の場合もお試し期間で試しましたが、テレビの爆音が普通より少し大きい程度まで小さくして見れていたので、もしお困りの方にはとても良いと思います。

 さらに台所から祖母を呼ぶとこれまで聞こえなかったらしいのですが、割と自然に返事をすることができるようになったので、集音マイクの性能もかなり良いのだと思います。

 外を出歩くことが多い方には、モバイルタイプがいいのかもしれませんが、今のところ据え置きタイプで満足できていますので、もし介護で自宅にいることが多い方には一度試してみると今までよりは会話がスムーズにできて介護のイライラも軽くなると思います。

 モバイルタイプはこちら↓

 実際、「薬飲んでおいて」「保険証はどこやった?」「病院は明日〇時だよ」という会話を大声で何度もしなくてはいけなかったものが、1回で済んでしまうので介護する側のイライラ軽減にも役立ちます

 お試し期間が10日間ありますので、補聴器を購入する前に一度どんなものか試してみるといろいろと生活が変わります。ウチの祖母も高い補聴器を購入して使っていますが、小さい補聴器はすぐにどこに置いたか忘れてしまいがち。さらにつけたままお風呂に入ろうとしてしまうなど困ったりすることもありますので、高価な補聴器の購入前に一度生活全般の中に取り入れてどう変わるかテストするためにも、こうした無料でお試しできるチャンスを有効に活用してみることをおすすめします

 10日間の無料お試し期間がある「みみ太郎」はこちらから↓

 よくある質問や使ってみた方からの感想なども公式サイトで詳しく解説されていますので、一度どういったものか読んでみるとかなり参考になります。

 認知症で耳が遠いと介護の負担もかなり大きいので、介護する側の負担を軽くするためにも便利な道具を取り入れていく必要を実感しています。一度どういうものか分かってから、高い補聴器を購入するのも良し。この「みみ太郎」タイプの集音器を使うのも一つの方法です

 いずれにしても、一度使ってみないと分かりませんので、お試しで使ってみてはいかがでしょうか。

 「みみ太郎」の公式サイトはこちら↓

 少し安いタイプを購入して試してみたい方には、楽天やアマゾンで探してみると合うタイプが見つかりやすいと思います。

 このページが長岡京市で補聴器選びで迷っている方やお悩みの方の参考になれば幸いです。